SQFIウェブサイトが多言語対応に

  • post

Safe Quality Food Instituteが2015年世界食品安全会議への後援および出展を発表SQFIが会議の週に多言語対応のウェブサイトを稼働開始 バージニア州アーリントン ― 2015年3月3日 ― Safe Quality Food Institute(SQFI)は本日、3月3~5日にマレーシアのクアラルンプールで開催される2015年GFSI世界食品安全会議への出展とゴールドレベルの後援を行うことを発表しました。世界中の食品安全への取り組みを支援しているSQFIは、会議が開催される週に新しい多言語対応ウェブサイトを稼働させる予定です。SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldによると、世界中の食品サプライチェーンにリンクを張りめぐらせることは、ますますグローバル化し、複雑になっている食品業界において食品の安全を保証するための鍵となります。「私たちは20年近くにわたり、世界的に認められるような一貫性のある食品安全および品質認証プログラムを開発し、提供することに力を注いできました。」と、Garfieldは述べています。「Global Food Safety Conferenceの精神において、多言語対応ウェブサイトを立ち上げ、イベントそのものを後援することで、この取り組みをさらに進められることを嬉しく思います。」3月に稼働を開始するSafe Quality Food Instituteのウェブサイトは、英語のほか、カナダフランス語、スペイン語、標準中国語、日本語の4つの言語に対応しています。それぞれ、SQFIの4大海外市場を対象としています。SQFIは米国で展開するGFSI評価済みのスキームにすぎないものの、200か国以上でグローバルな開発に取り組んでおり、ライセンス供与されたトレーニングセンターが世界中に32か所あります。世界50か国以上から800人を超える有能な食品安全専門家が集まるGFSI世界食品安全会議は、世界中の食品安全を進展させるために毎年開催されている独自のイベントです。会議に参加することで、同業他社とネットワークを築き、最先端の食品安全に関する知識を得て、世界的に評価されている業界の専門家とアイデアを共有する機会が得られます。SQFIの詳細については、www.sqfi.comをご覧になるか、Twitter @SQFIやFacebookでSQFIをフォローして、SQFIからのお知らせと業界の動向に関する最新情報を入手してください。SQFIは、世界食品安全会議の#1番ブースに出展する予定です。Safe Quality Food Institute(SQFI)についてSafe Quality Food(SQF)プログラムは、厳格で信頼できる食品安全管理制度を必要とする、世界中の小売業者やフードサービスプロバイダーの皆様に認められています。SQFプログラムは、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)によって認められた唯一の認証制度であり、一次生産者、食品製造、流通、および代理人/仲介人の管理に関する認証を行います。これにより、サプライヤーは顧客に対して、サプライチェーンのすべてのレベルにおいて可能な限り高い水準に基づいて食品が生産、加工、調理、処理されていることを保証できます。さらに、SQFプログラムはFood Marketing Institute(FMI)の1部門として、消費者の懸念に関する継続的な小売業者のフィードバックを組み込んでいます。この情報は、SQF認証サプライヤーに伝えられるため、競争相手の先に立つことが可能になります。www.sqfi.com###

SQFIが2015年度SQF品質達成賞の受賞者を発表

  • post

Sarah MalenichSafe Quality Food Institute(SQFI)202-220-0660smalenich@sqfi.com SQFIが2015年度SQF品質達成賞の受賞者を発表 バージニア州アーリントン ― Safe Quality Food Institute(SQFI)は、インディアナ州インディアナポリスでの2015年度国際会議でSQF品質達成賞を発表しました。これらの5つの賞は、厳格で信頼性の高い食品安全管理制度を提供するSQFIプログラムのグローバルミッションの改善に貢献した個人や組織を表彰するものです。各部門の受賞者は会議で表彰されました。「農場から食卓へ安全な食品を届けることは、すべての食品小売業者とメーカーの最優先事項です」と、SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldは述べています。「今年のSQFI品質達成賞の受賞者は、SQF認証がいかにして、単なる食品安全審査を超えて、グローバルサプライチェーンの中でのチェックとバランスの機能を備えた包括的な食品安全制度に影響を与えているかを示しています。」年間最優秀SQFI審査員資格認定されたSQF審査員として素晴らしい業績を上げた個人が表彰されます。• Heena Patel ― SCS Global Servicesサプライチェーン食品安全審査サービス担当テクニカルディレクター年間最優秀SQFIトレーナー正しい食品の安全性と品質の実践、およびSQFミッションの推進とSQFのステークホルダーのサポートにおいて大きく貢献した、登録済みのSQFトレーナーが表彰されます。• Jeffrey Strout ― Mérieux NutriSciencesテクニカルサービス独立トレーナー年間最優秀SQFIプラクティショナーこの賞は、継続した成長の推進を達成し、所属する施設や企業をSQFプログラムを超えるレベルに導いたSQFプラクティショナー、またはSQF認証施設もしくは会社内の個人に与えられます。• Cory Robertson ― Redpath Sugar Ltd.品質システムコーディネーター…

Safe Quality Food Institute(SQFI)のデータベース改修をReposiTrakが主導

  • post

即日発表2016年10月24日報道関係者お問い合わせ先                                                                            Sarah Malenich、Safe Quality Food Institute(SQFI)202-220-0660 – smalenich@sqfi.comSafe Quality Food Institute(SQFI)のデータベース改修をReposiTrakが主導バージニア州アーリントン ― 厳格で信頼のおける食品安全管理制度を必要とする小売業者と食品サービスプロバイダーより世界的に認められているSafe Quality Food (SQF)プログラムと、Park City Group子会社で、食品、医薬、ダイエットサプリの安全性に関するコンプライアンスマネジメントとトラック&トレースソリューション提供のリーダーであるReposiTrak®, Inc.は、SQF審査管理のReposiTrakのコンプライアンス管理システムへの統合で提携します。  この提携は、SQFIの数千社の登録サプライヤー、および認証機関と審査員にとってのメリットとなるだけでなく、最初のリクエストと支払いから、結果の回収と報告までの審査プロセスの管理も便利になります。  ReposiTrakはイニシアチブの一環として、SQFIの審査結果データベースをホストし、限定アクセスを提供します。さらに重要な点として、この提携により、SQF登録サプライヤーはReposiTrakのコンプライアンス管理システムを活用して、すべてのベンダー関連文書を1か所に集めて管理することができるようになります。  これには、認定ベンダーとしての最新登録などSQFの必要文書や、第三者審査と食品安全計画に加え、署名入りベンダー合意書、責任保険証、ブランドのリスクを低下させる継続保証レターなど重要なビジネス文書も含まれます。SQFI上席副社長のRobert Garfieldは、次のように述べています。「SQFコード第8版の展開、新しい小売/卸売の食品販売業プログラム、サプライヤーとバイヤーによる倫理的な調達認証の利用とサポートの拡大、とSQFIにとって喜ばしいニュースが続いています。  データ管理と報告だけでなく、ユーザーインターフェース全体をアップグレードして新たなレベルに到達するのをサポートしてくれる技術パートナーを探していました。  ReposiTrakは業界での経験と技術面での実力を備えていることから、ReposiTrakとの提携はしごく当然の決断だと言えるでしょう。」Park City GroupおよびReposiTrakの会長兼最高経営責任者のRandall K. Fieldsは、次のように述べています。「SQFI登録済みサプライヤーに、食品安全関連の文書、審査、プロセスの管理に役立つ包括的なプラットフォームを提供できるのは、大きな喜びです。  トレーサビリティと文書管理サービスにおいてFood…

3月はマネジメントのコミットメントと文化に注目

  • post

文化は「組織の個性」として定義づけられるもので、個性を測定することは簡単ではありません。  マネジメントのコミットメントを得て、組織内で積極的に食品の安全性を進める文化を醸成することは、施設内部で何十年も続いてきた行動と価値観を変えることを意味する場合もあります。  しかし、かつてボブ・ディランが「時代は変わる」と歌ったように、食品安全強化法(FSMA)の制定により、食品の安全性の焦点は受動的なものから能動的なものへと移り、SQFIでは、マネジメントのコミットメントと食品の安全性の文化について、2017年3月31日にリリースされたSQFコード第8版に反映された強力な要素のリストに追加が可能だと考えています。組織内で、積極的な行動の変化への意識と、後押しするような行動への関心が集まれば、他の前向きな影響が自然と起こり、成功へと導かれていきます。私たちは皆、異なるスキルと考え方を持ち、それを仕事に取り入れています。そして、私たちそれぞれの独自の強みを一貫した質の高い製品へと取り込んでいくのは、優れたマネジメントのコミットメントと前向きな食品の安全性の文化です。どのような考え方を持ち寄るかを理解し、変化が必要な場合にはそれを認めましょうあなたは自分で責任を持ちますか、それとも常に被害者でいますか?あなたは事実のみを語りますか、それともうわさ話やほら話を始めたり、広めたりする方ですか?あなたはアイデアを成功に導く手助けをしますか、それとも悲観的になって進捗の邪魔をする側ですか?あなたは先頭に立って間違った手順を修正しますか、それとも放っておいて誰か他の人が直してくれるのを待ちますか?

SQFI:食品の安全性と持続可能性を高めるために

  • post

昔、もっと物事がシンプルだった頃、食べ物とは自分が住む土地から直接、または近場から手に入れる物で、  皆、食べ物がどこで収穫され、自分が食べようとしている物は何なのか、正確に知っていました。  人口が増え、大部分の人が都市に移り住むようになると、地域の食品供給は、他の場所から持ち込まれた食品で補う必要が出てきました。もっと多くの食品が必要となり、その量は増え続けました。今日、私たちの食べる物は世界中から届けられています。それは近所で栽培、飼育、収穫された物かもしれず、また国を横断した先から、あるいは海の向こう側から来た物かもしれません。食品は船、鉄道、飛行機、トラックで届けられます。それから食品を店で買い、自宅に持ち帰り、家族の食卓に乗せます。SQFIはSQFプログラムだけでなく、SQFI倫理的な調達プログラムも運営し、  食べ物がどのように栽培、製造、加工、包装、輸送されているか、各ステップの差を埋め、点を結んで全容を把握し、こうした活動が倫理的かつ持続可能な方法で行われていることを確めています。「プロシューマー」の世界では、消費者は市場での立場を利用して、より安全で質の高い製品を支持し、こうした製品がどのように作られるのかに影響を及ぼします。強制労働、児童労働、汚染、会社の透明性の不足に関連する醜聞は、消費者が行う選択に直に影響し、サプライチェーン全体に波及効果を与えます。SQFI倫理的な調達基準(ESS)は、前述したそれぞれの問題について取り組むことで、こうした悪影響のリスクを効果的に減らします。ESSは、食品生産における社会的、環境的に責任ある慣行の徹底に取り組んでいる会社のための自主的な補足プログラムで、食品の生産や加工を環境および社会に対する責務と結び付ける制度です。この制度には、サプライチェーン全体で食品の生産、収穫、製造を行う人々に目を行き届かせ、消費者の健康に配慮した、倫理的かつ透明性の高い慣行が含まれています。食品の収穫と製造のためのESSは、段階的な認証プログラムで、以下の領域での倫理的な調達に対する組織のコミットメントを示す一連のベンチマークを提供します。            社会的管理:ESS下の社会的管理プログラムは、職場での差別や嫌がらせを防ぎ、透明性と、合法的な賃金慣行を促進し、非搾取的で強制労働のない公正な労働慣行を唱道します。            環境管理:エネルギー消費、水消費、廃棄物管理、汚染予防は倫理的なビジネス慣行に欠かせません。ESSは安全な労働条件を確認し、環境への悪影響を減らすために、こうした問題や、労働衛生と安全性、規制コンプライアンス、機器のメンテナンス、事故管理について取り組んでいます。            モニタリングと管理審査:このESSの重要な要素には、内部監査、モニタリング、記録の管理、マネジメント審査が含まれます。ここでは、是正措置と予防措置が行われ、会社の上級管理職が従業員の懸念に取り組みます。            柔軟な3段階の認証:倫理的な調達基準では柔軟な3段階の認証オプションが可能で、それぞれがESSの規定をさらに実証する内容となっています。会社は取得したい認証レベルを選ぶことができ、審査の修了時に認証が授与されます。確かな科学的な根拠に基づき、さまざまなステークホルダーから高く評価され、あらゆる業界分野で定常的に適用される、世界的に認められた一貫性のある食品安全プログラムと品質認証プログラムを実現することが、常に私たちの使命となってきました。 消費者、食品会社、小売業者、社会全体の最大の利益として、私たちは、サプライチェーンを通して、持続可能で倫理的に調達した製品に対する全体的な関心を差しむける時期が来たと確信しています。 このディスカッションに参加し、食品業界での倫理的な行動に関する最高レベルの世界的基準の推進を目指すSQFIの活動をサポートしてください。 SQFIの倫理的な調達基準の詳細については、www.sqfiethicalsourcing.comをご覧ください。

FMI FoundationとSQFIが、2016年度食品安全審査奨学金受賞者を発表

  • post

2016年11月2日 ― バージニア州アーリントン ― The Food Marketing Institute(FMI)Foundationは、Safe Quality Food Institute(SQFI)と連携し、2016年度食品安全性審査奨学金の受賞者10名を、オーランドで10月25~27日に開催されたSQF国際会議で発表しました。奨学金は大学の食品・農業科学プログラムを受講しており、食品制度審査でキャリアを積むことに興味のある成績優秀な学生に授与されます。受賞者全員が奨学金3,000ドルを受け取り、さらに会議に参加する700名以上の食品安全のプロフェッショナルとネットワークを築くために、旅費・経費無償のSQF国際会議への研修旅行に招待されました。「食品安全強化法の時代が、食品の安全性基準を押し上げているため、食品業界にとっては引き続き、期待のかかる時間が続きます」と、Safe Quality Food Instituteの上席副社長のRobert Garfieldは、述べています。「食品業界が進化と成長を続ける上で、食品制度審査でキャリアを積む、さらにたくさんの素晴らしい若手プロフェッショナルが必要です。学生にとって、食品業界で名前を売ることができるこの機会を提供でき、うれしく思います。」「能力のある食品安全審査員の必要性は、今後さらに重要になるでしょう。今年、このような才能ある学生が応募してくれたことを、うれしく思います」と、FMI FoundationのSusan Borra(RD、エグゼクティブディレクター)は述べました。  「2016年度の受賞者のほとんどが、食品と農業科学に関連する領域で、上位の学位を追求するための手続きの途中です。」2016年度FMI Foundation食品安全審査奨学金受賞者は以下のとおりです。 Gabriela Arteaga Arredondo、テキサス工科大学 Hannah Beuse、アイオワ州立大学 Jose Brandao Delgado、ルイジアナ州立大学 Madhumeeta Dutta、ノースカロライナ州立大学 Anna…

SQFI月刊ニュースレター:2017年6月 ― より安全な世界。よりスマートな選択。

  • post

より安全な世界。  よりスマートな選択。   SQFIは6月号のニュースレターで、2017年度SQF国際会議を特集します。  以降の数ページで、プログラムスケジュールと素晴らしい基調講演者について、そして水曜日の夜に行われる交流会イベントについてご紹介します。  食品安全業界でトップクラスの人気を誇る、情報満載のカンファレンスに今すぐご登録ください。  早期割引登録の締切は、2017年7月31日です。  こちらをクリックして、2016年度SQF国際会議のビデオをご覧ください。人が生活していく上で欠かすことができない、優先的な3つの基本とは、  雨風をしのげる住居、身にまとえる衣服、飢えを満たす食事です。  21世紀に生きる食品安全と品質のプロフェッショナルとして、私たちの基本優先事項はさらに進化しており、  所属施設が「いつでも監査を受けられる体制」であるか、FSMAを明確に理解していて準備が整っているか、経営上層部と効果的に関わり、食品の安全性と品質プログラムに対するコミットメントを得ているか…など、優先事項のリストは延々と続きます。  もう一つ優先しなくてはならないことは、SQF国際会議への出席です。  第12回を迎えたSQF国際会議には、栽培・飼育、加工、製造、包装、流通、小売業界でブランド、購買者、消費者の保護に取り組んでいる、食品の安全性と品質のプロフェッショナルが集結します。11月にダラスへ行くことを優先しなくてはいけない理由: SQFコード第8版を実行する正しい準備ができているかを確かめるため 業界関係者とアイデアを交換し、ビジネス関係を築き、絆を強めるため すべてのSQFプログラムと基準に対する変更と更新情報について最新情報を入手するため FSMA、SQF小売業者向けコード、グルテンフリー認証、アレルゲンラベリング、倫理的な調達など話題となっている問題について最新情報を入手するため SQFIとFMI食品安全チームと個人的なつながりを築くため 2017年度SQF国際会議への出席を優先するためにオフィスを離れることや、上司を説得するのが難しいという方は、理由づけのレターをダウンロードして、適宜変更を入れて、必要な人に送りましょう。ラルフ・ワルド・エマーソンはかつて、「すでに身につけたもの以上のことに挑戦しなければ、成長はあり得ない」と語りました。世界をもっと安全な場所にし、よりスマートな選択をするために、会議への出席を優先させて、2017年度SQF国際会議にお越しください!www.sqfconference.com

食品安全エキスパートがブランド保護と消費者の信頼に対する技術の影響について討論

  • post

2017年6月22日 ― バージニア州アーリントン ― Food Marketing Institute(FMI)の一部門であるSafe Quality Food Institute(SQFI)は、Specialty Food AssociationのSummer Fancy Food Showに参加し、食品小売業者とそのサプライヤーに対して食品の安全性が与える影響について討論を行います。Specialty Food Associationの食品安全チームはセッションに加えて、食品安全ラウンジを主催し、スペシャリティフードメーカーと小売業者が、食品安全と品質プログラムおよびコンプライアンスに関するオプションを検討するためのサポートを提供します。登壇者: LeAnn Chuboff、Safe Quality Food Institute技術担当副社長 Robert Garfield、Food Marketing Institute最高食品安全評価責任者・上席副社長:国際食品安全イニシアチブに認められた国際的な食品安全・品質管理プログラムのSafe Quality Food Instituteのマネジメントを担当しています。 内容:セッションでは、食品の安全性の動向を突き止め、新技術が食品の安全性、ブランド保護、消費者の信頼に対してどのように影響を与えているかを読み解きます。また、地域に密着した小規模なサプライヤーが規制要件と小売業者の期待に応える態勢を整えることを目的にした、独自の食品安全・品質制度の構築に利用できる食品安全原則とアプローチも提供します。食品安全ラウンジはすべての出展者と出席者が参加可能で、また会場ではSQFI担当者が、SQFプログラムに関する質問や懸念にお答えし、最新情報をお伝えします。日時:6月26日(月)12:45~1:45p.m.…

SQFI月刊ニュースレター ― 2017年5月号 ― 成功のためのトレーニング

  • post

「トレーニングした従業員を離職させることより悪いたった一つの行いは、従業員をトレーニングせずにそのまま働かせ続けることだ。」 ― ヘンリー・フォード、Ford Motor CompanySQFIでは、より安全な食品サプライチェーンの構築は、食品チェーンのあらゆる段階においてエクセレンスを求めることによってのみ達成できると考えています。そしてSQFIにとって、このチェーンの始まりはトレーニングです。あなたの仕事が食品施設の製造ライン従業員、多国籍食品会社の全社的な意思決定担当、審査の準備を進める施設のコンサルタント、審査機関の審査員のいずれであっても、トレーニングは食品安全制度の運営を成功させるための最初の一歩です。今月は、食品安全に関わる職場でのトレーニング、教育、職業能力開発の重要性を一緒に検証していきましょう。