SQF基礎プログラム







製品を食品小売業者に販売することが目標です。小売業者は、自らの小売ブランドを守り、消費者の信頼を保持するため、確実な食品安全プログラムを必要としていると言われています。商機を獲得するには、今こそそれを実現する必要があります。


  • はじめに、御社は何をする必要があるでしょうか。

  • 潜在的な食品安全リスクとはどのようなものでしょうか。

  • 食品安全は、今後の進路を定義したり、イニシアティブを定めるのに役立つでしょうか。


食品安全は、サプライヤー/バイヤーが取引で提携するのに不可欠の要素であり、小売業者の懸念に応えるアプローチが必要です。

新たなオンライン基礎トレーニングをチェック

我々のソリューションはSQF基礎プログラムです。



SQFIは、堅牢な食品安全管理プログラムがない、または既存のプログラムを次のレベルに進めることを望んでいない中小のサプライヤー向けのソリューションを作成しています。


SQFIは、御社のようなビジネスオーナー向けに、食品製造業者向けの基礎プログラム一次生産者向け基礎プログラムを開発しています。



 

各プログラムには基礎と中級の両方のレベルがあり、食品安全管理を改善するためのステップごとのアプローチを提供しています。  プログラムの詳細については、このビデオをご覧ください。



















規定をダウンロードして開始:


 

        

プログラムには関心があるが、どこから始めるか分からない場合


始めるのに役立つリソースのライブラリをチェックしてください。






SQFI基礎プログラムについて

プログラムの目標
expand_accordion

SQF基礎プログラムでは、ブランドをリコールのリスクから守り、バイヤーの要件を満たすことを目標としています。SQF基礎プログラムは、御社のような起業家を小売業者が受け入れることを推進し、サプライチェーンに食品安全セキュリティを提供し受け入れてもらうようにするのに役立ちます。

SQF基礎プログラムは段階的なアプローチとして構築されており、全世界で認められるGFSI認証を実現する道筋をつけつつ、確実な食品安全基準を既存の慣行に統合するよう設計されています。

基礎プログラム内の規定により、GFSI基準に従って評価を行うSQF食品安全プログラムに円滑に移行します。SQF基礎規定は、GFSIグローバル市場プログラムツールキットを使用して開発されましたが、このツールキットは中小の食品製造業者についての小売業者とバイヤーの要件を満たしています。この新たなプログラムは、すべての当事者に安全な食品とブランド保護の改善のメリットがある双方にとって利益のあるシナリオを作成するのに役立ちます。

プログラムの機能
expand_accordion

 


  • 基礎規定では、中小の施設に重点を置いています

  • 製造業者および一次生産者食品セクターについては、別の規定があります。これらの規定はそれぞれ、基本と中級という2種類のアプローチに分かれます。基本規定では規定の要件の実施に重点を置き、文書化についてはさほど重視していません。中級規定では、文書化についての説明がありますが、実施に重点を置いています。

  • すべての食品安全基礎規定の技術要件は、GFSIグローバル市場プログラムの要件を満たしています。

  • 規定の策定では、小売業者とパブリックレビュー、フィードバックを使用しています


 

プログラムの利点
expand_accordion


  • SQFの認定を受けたCBしか、SQF基礎規定について証明書を発行できません

  • SQFに登録された監査員しか、SQF基礎規定について監査を行えません

  • 初期認証の従業員適性現場査察要件は、このプログラムから削除されました。従業員適性現場査察は現在でも行えますが、必須ではなく、文書レビューを初期認証監査の一部とすることができます。

  • 認証または認証監査の完了時に、スコアは発行されませんが、小売業者の要件を満たすのにスコアが必要な小売業者についてはスコアを発行するオプションがあります。これは不適合の水準と発行された不備の数を強調することが目標でした。施設は合格すると、すべての不適合が解消されたことの証明書を受け取り、2つの大きな不適合または10個の小さな不適合のあった施設ではサーベイランス監査が必要です。

  • 施設が再認証監査を受ける期間は、応当日の前後45日に拡大されました(食品安全規定については、応当日の前後30日)。これにより、CBは柔軟に、監査員による監査のスケジュールを調整できます。

  • 抜き打ち監査要件は削除されました。


基礎プログラムトレーニング

トレーニングオプションの概要:
expand_accordion


SQFIは3本の柱からなるアプローチを使用して、学習に迅速に対処し、次のようなさまざまな対象者のニーズにアクセスします。


  • オンラインコース(中級レベルに重点)

  • 自分のペースで進める紙ベースの学習ツール

  • インストラクターによるトレーニング


*自分のペースで進める学習ツールは、単体で、またはオンラインもしくはインストラクターによるトレーニングと併せて使用できます。

View our online training options

様々なトレーニングオプションの利点:
expand_accordion

  • オンラインコース – ノートパソコンから簡単にアクセス。出張が不要。自分のペースで進められる。レッスンを繰り返すことが可能。理解度のチェック。

  • インストラクターによるトレーニング – 業界の同業者と知識を共有し問題を解決。専門家の助言と指導。理解を進めるのに活動を利用。

  • 自分のペースで進める学習 – アクセス、アプローチが可能。自分のペースで進める。低コスト。指示に基づく活動により、食品安全制度の策定を進めることが可能。モジュール式 – 必要に応じた量の学習。オンラインまたは紙ベースででアクセス可能。

基礎プログラムのリソース

ヒントシート
expand_accordion

ヒントシート1はじめに
ヒントシート2適切なSQF認証の選択
ヒントシート3食品安全リスクの防止
ヒントシート4経営陣のコミットメント
ヒントシート5施設監査
ヒントシート6HACCPの概要
ヒントシート7承認されたサプライヤープログラム
ヒントシート8仕様
ヒントシート9文書コントロールおよび記録管理
ヒントシート10法律
ヒントシート11修正および是正措置、予防措置
ヒントシート12リスク評価の実行
ヒントシート13社員トレーニングプログラム
ヒントシート14食品防御計画
ヒントシート15製品の特定およびトレーサビリティ、回収、リコール
ヒントシート16確認および検証
ヒントシート17アレルゲン管理
ヒントシート18内部監査計画
ヒントシート19環境モニタリング
ヒントシート20危機管理
ヒントシート21病害虫防除
ヒントシート22個人衛生計画
ヒントシート23メンテナンス
ヒントシート24清掃
ヒントシート25機器の選択および保守

パンフレットとよくあるご質問
expand_accordion
Tipsheets en Español
expand_accordion

ヒントシート1はじめに
ヒントシート2適切なSQF認証の選択
ヒントシート3食品安全リスクの防止
ヒントシート4経営陣のコミットメント
ヒントシート5施設監査
ヒントシート6HACCPの概要
ヒントシート7承認されたサプライヤープログラム
ヒントシート8仕様
ヒントシート9文書コントロールおよび記録管理
ヒントシート10法律
ヒントシート11修正および是正措置、予防措置
ヒントシート12リスク評価の実行
ヒントシート13社員トレーニングプログラム
ヒントシート14食品防御計画
ヒントシート15製品の特定およびトレーサビリティ、回収、リコール
ヒントシート16確認および検証
ヒントシート17アレルゲン管理
ヒントシート18内部監査計画
ヒントシート19環境モニタリング
ヒントシート20危機管理
ヒントシート21病害虫防除
ヒントシート22個人衛生計画
ヒントシート23メンテナンス
ヒントシート24清掃
ヒントシート25機器の選択および保守