What Food Safety Culture Looks Like: SQF Featured Site

  • post

Killer Brownie, an SQF certified site in Ohio, recently shared a video describing their food safety program. Their Food Safety Manager, Polly Tartaro, and President, Chimene Mayne Ross, explain why they pursue SQF certification in the video saying, “The real…

Announcing the 2020 SQFI Select Sites

  • post

SQFI Select Site Program   “Being audit ready all the time.” An SQFI Select Site is a site that forgo the three-year certification cycle requirement and voluntarily elects to have annual…

Driving a Food Safety Culture 

  • post

By: Rick Stein, Vice President, Fresh, Industry Relations, Food Marketing Institute Achieving fresh food safety can sometimes feel like a game of whack-a-mole. That’s because retailers and suppliers are often…

SQFIウェブサイトが多言語対応に

  • post

Safe Quality Food Instituteが2015年世界食品安全会議への後援および出展を発表SQFIが会議の週に多言語対応のウェブサイトを稼働開始 バージニア州アーリントン ― 2015年3月3日 ― Safe Quality Food Institute(SQFI)は本日、3月3~5日にマレーシアのクアラルンプールで開催される2015年GFSI世界食品安全会議への出展とゴールドレベルの後援を行うことを発表しました。世界中の食品安全への取り組みを支援しているSQFIは、会議が開催される週に新しい多言語対応ウェブサイトを稼働させる予定です。SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldによると、世界中の食品サプライチェーンにリンクを張りめぐらせることは、ますますグローバル化し、複雑になっている食品業界において食品の安全を保証するための鍵となります。「私たちは20年近くにわたり、世界的に認められるような一貫性のある食品安全および品質認証プログラムを開発し、提供することに力を注いできました。」と、Garfieldは述べています。「Global Food Safety Conferenceの精神において、多言語対応ウェブサイトを立ち上げ、イベントそのものを後援することで、この取り組みをさらに進められることを嬉しく思います。」3月に稼働を開始するSafe Quality Food Instituteのウェブサイトは、英語のほか、カナダフランス語、スペイン語、標準中国語、日本語の4つの言語に対応しています。それぞれ、SQFIの4大海外市場を対象としています。SQFIは米国で展開するGFSI評価済みのスキームにすぎないものの、200か国以上でグローバルな開発に取り組んでおり、ライセンス供与されたトレーニングセンターが世界中に32か所あります。世界50か国以上から800人を超える有能な食品安全専門家が集まるGFSI世界食品安全会議は、世界中の食品安全を進展させるために毎年開催されている独自のイベントです。会議に参加することで、同業他社とネットワークを築き、最先端の食品安全に関する知識を得て、世界的に評価されている業界の専門家とアイデアを共有する機会が得られます。SQFIの詳細については、www.sqfi.comをご覧になるか、Twitter @SQFIやFacebookでSQFIをフォローして、SQFIからのお知らせと業界の動向に関する最新情報を入手してください。SQFIは、世界食品安全会議の#1番ブースに出展する予定です。Safe Quality Food Institute(SQFI)についてSafe Quality Food(SQF)プログラムは、厳格で信頼できる食品安全管理制度を必要とする、世界中の小売業者やフードサービスプロバイダーの皆様に認められています。SQFプログラムは、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)によって認められた唯一の認証制度であり、一次生産者、食品製造、流通、および代理人/仲介人の管理に関する認証を行います。これにより、サプライヤーは顧客に対して、サプライチェーンのすべてのレベルにおいて可能な限り高い水準に基づいて食品が生産、加工、調理、処理されていることを保証できます。さらに、SQFプログラムはFood Marketing Institute(FMI)の1部門として、消費者の懸念に関する継続的な小売業者のフィードバックを組み込んでいます。この情報は、SQF認証サプライヤーに伝えられるため、競争相手の先に立つことが可能になります。www.sqfi.com###

SQFIが2015年度SQF品質達成賞の受賞者を発表

  • post

Sarah MalenichSafe Quality Food Institute(SQFI)202-220-0660smalenich@sqfi.com SQFIが2015年度SQF品質達成賞の受賞者を発表 バージニア州アーリントン ― Safe Quality Food Institute(SQFI)は、インディアナ州インディアナポリスでの2015年度国際会議でSQF品質達成賞を発表しました。これらの5つの賞は、厳格で信頼性の高い食品安全管理制度を提供するSQFIプログラムのグローバルミッションの改善に貢献した個人や組織を表彰するものです。各部門の受賞者は会議で表彰されました。「農場から食卓へ安全な食品を届けることは、すべての食品小売業者とメーカーの最優先事項です」と、SQFIの上席副社長であるRobert Garfieldは述べています。「今年のSQFI品質達成賞の受賞者は、SQF認証がいかにして、単なる食品安全審査を超えて、グローバルサプライチェーンの中でのチェックとバランスの機能を備えた包括的な食品安全制度に影響を与えているかを示しています。」年間最優秀SQFI審査員資格認定されたSQF審査員として素晴らしい業績を上げた個人が表彰されます。• Heena Patel ― SCS Global Servicesサプライチェーン食品安全審査サービス担当テクニカルディレクター年間最優秀SQFIトレーナー正しい食品の安全性と品質の実践、およびSQFミッションの推進とSQFのステークホルダーのサポートにおいて大きく貢献した、登録済みのSQFトレーナーが表彰されます。• Jeffrey Strout ― Mérieux NutriSciencesテクニカルサービス独立トレーナー年間最優秀SQFIプラクティショナーこの賞は、継続した成長の推進を達成し、所属する施設や企業をSQFプログラムを超えるレベルに導いたSQFプラクティショナー、またはSQF認証施設もしくは会社内の個人に与えられます。• Cory Robertson ― Redpath Sugar Ltd.品質システムコーディネーター…

Safe Quality Food Institute(SQFI)のデータベース改修をReposiTrakが主導

  • post

即日発表2016年10月24日報道関係者お問い合わせ先                                                                            Sarah Malenich、Safe Quality Food Institute(SQFI)202-220-0660 – smalenich@sqfi.comSafe Quality Food Institute(SQFI)のデータベース改修をReposiTrakが主導バージニア州アーリントン ― 厳格で信頼のおける食品安全管理制度を必要とする小売業者と食品サービスプロバイダーより世界的に認められているSafe Quality Food (SQF)プログラムと、Park City Group子会社で、食品、医薬、ダイエットサプリの安全性に関するコンプライアンスマネジメントとトラック&トレースソリューション提供のリーダーであるReposiTrak®, Inc.は、SQF審査管理のReposiTrakのコンプライアンス管理システムへの統合で提携します。  この提携は、SQFIの数千社の登録サプライヤー、および認証機関と審査員にとってのメリットとなるだけでなく、最初のリクエストと支払いから、結果の回収と報告までの審査プロセスの管理も便利になります。  ReposiTrakはイニシアチブの一環として、SQFIの審査結果データベースをホストし、限定アクセスを提供します。さらに重要な点として、この提携により、SQF登録サプライヤーはReposiTrakのコンプライアンス管理システムを活用して、すべてのベンダー関連文書を1か所に集めて管理することができるようになります。  これには、認定ベンダーとしての最新登録などSQFの必要文書や、第三者審査と食品安全計画に加え、署名入りベンダー合意書、責任保険証、ブランドのリスクを低下させる継続保証レターなど重要なビジネス文書も含まれます。SQFI上席副社長のRobert Garfieldは、次のように述べています。「SQFコード第8版の展開、新しい小売/卸売の食品販売業プログラム、サプライヤーとバイヤーによる倫理的な調達認証の利用とサポートの拡大、とSQFIにとって喜ばしいニュースが続いています。  データ管理と報告だけでなく、ユーザーインターフェース全体をアップグレードして新たなレベルに到達するのをサポートしてくれる技術パートナーを探していました。  ReposiTrakは業界での経験と技術面での実力を備えていることから、ReposiTrakとの提携はしごく当然の決断だと言えるでしょう。」Park City GroupおよびReposiTrakの会長兼最高経営責任者のRandall K. Fieldsは、次のように述べています。「SQFI登録済みサプライヤーに、食品安全関連の文書、審査、プロセスの管理に役立つ包括的なプラットフォームを提供できるのは、大きな喜びです。  トレーサビリティと文書管理サービスにおいてFood…

3月はマネジメントのコミットメントと文化に注目

  • post

文化は「組織の個性」として定義づけられるもので、個性を測定することは簡単ではありません。  マネジメントのコミットメントを得て、組織内で積極的に食品の安全性を進める文化を醸成することは、施設内部で何十年も続いてきた行動と価値観を変えることを意味する場合もあります。  しかし、かつてボブ・ディランが「時代は変わる」と歌ったように、食品安全強化法(FSMA)の制定により、食品の安全性の焦点は受動的なものから能動的なものへと移り、SQFIでは、マネジメントのコミットメントと食品の安全性の文化について、2017年3月31日にリリースされたSQFコード第8版に反映された強力な要素のリストに追加が可能だと考えています。組織内で、積極的な行動の変化への意識と、後押しするような行動への関心が集まれば、他の前向きな影響が自然と起こり、成功へと導かれていきます。私たちは皆、異なるスキルと考え方を持ち、それを仕事に取り入れています。そして、私たちそれぞれの独自の強みを一貫した質の高い製品へと取り込んでいくのは、優れたマネジメントのコミットメントと前向きな食品の安全性の文化です。どのような考え方を持ち寄るかを理解し、変化が必要な場合にはそれを認めましょうあなたは自分で責任を持ちますか、それとも常に被害者でいますか?あなたは事実のみを語りますか、それともうわさ話やほら話を始めたり、広めたりする方ですか?あなたはアイデアを成功に導く手助けをしますか、それとも悲観的になって進捗の邪魔をする側ですか?あなたは先頭に立って間違った手順を修正しますか、それとも放っておいて誰か他の人が直してくれるのを待ちますか?