認定手順

ステップ1:SQF規定について知る
expand_accordion

SQF規定について学ぶには、次のいくつかの選択肢があります。


  • SQFインフォメーションデーに出席する – SQFインフォメーションデーは、食品安全および品質認定のために、あらゆるレベルのフードチェーンの食品サプライヤーを紹介することを目的とした、1日間の対面型情報提供セミナーです。

  • オンラインコース – 「SQF制度の導入」コースは、オンライントレーニングセンターやAlchemyアカデミーで利用できます。

  • インストラクターによるコース – 認定トレーニングセンターでは、米国および米国以外のさまざまな場所で「SQF制度の導入」コースを提供しています

  • 自主トレーニング – 規定は無料でダウンロード可能で、こちらで学習できます

ステップ2:SQF評価データベースに登録
expand_accordion

SQF評価データベースでSQF監査の登録を行うには、こちらをクリックしてください

登録料金:



















































分類 分類の説明 料金(米ドル)
A 一次生産者(農場、牧場、果樹園など、またはFSC 1、3、5、6) 150ドル
B 総売上高が500万米ドル未満のサプライヤー< 300ドル
C 総売上高が500万米ドル以上2,500万米ドル未満のサプライヤー>< 400ドル
D 総売上高が2,500万米ドル以上5,000万米ドル未満のサプライヤー>< 550ドル
E 総売上高が5,000万米ドル以上のサプライヤー> 650ドル
M マルチサイト組織
    セントラルサイト 1,000ドル
    各サブサイト 25ドル
ステップ3:従業員をSQFプラクティショナーとして指定する
expand_accordion

SQFプラクティショナーは、SQF規定の2.1.2.4項に記載のとおり、以下の要件を満たす必要があります。


  • 施設によりフルタイムの社員として雇用されている

  • HACCPに基づいたトレーニングコースを修了している

  • 適性農業/水産/製造基準を実行する能力を有している

  • 施設の認証の範囲に関連するSQF制度を実行、保持するためのSQF規定と要件を理解している*


*SQF規定および要件の詳細については、ステップ1を参照してください

SQFプラクティショナーをお探しですか 学者を採用しませんか

ステップ4:認定レベルを選択する
expand_accordion

次のいずれかを選択してください。

基本(旧レベル1)
食品安全性(旧レベル2)
食品安全性および品質(旧レベル3)

ステップ5:SQF認定認証機関から提案を得る
expand_accordion

地域の認証機関を検索するには、こちらをクリックしてください

ステップ6:事前評価を実施する(任意)
expand_accordion

SQF監査員またはSQFプラクティショナーのいずれかが、御社のプログラムとSQF認定の目標タイプとの「ずれ」を特定することができます。

ステップ7:認証機関を選択して、監査のスケジュールを設定する
expand_accordion

認証機関からの御社の施設とニーズに合った提案を選択し、この認証機関と監査の予定を立てます。

ステップ8:認証機関が実施する初期認証監査
expand_accordion

初期認定監査は、文書レビュー(従業員適性現場査察)および施設評価(施設監査)の両方で構成されます。

SQF評価データベース

CLICK HERE TO LOGIN