SQFによりFSMAに対応







FDA食品安全強化法(FSMA)最終規則の整理は時間がかかり、分かりにくい場合があります。FSMAリソースのページをまとめ、関係者が実行と導入に関して課題を有している点を解消しつつ、FSMAの法律や規制の複雑な点を理解する一助としています。


こちらをクリックしてSQF FSMAのよくあるご質問を読む



ヒト食品規則の予防管理


安全な食品の消費は、我々すべてが有する基本的権利であり、食品安全業界にいることで、誰もが食品安全要件の強化に貢献できます。FDAは、「食品安全強化法(FSMA)は、70年以上における、食品安全法の最も広範な改革である…」としています。SQFIではこの改革の重要性を認識し、食品安全プログラムを関係者が強化し、FSMA PC規則の厳格な要件を満たす一助となる追加リソースの作成に必要な手順を講じています。FSMAに対して、SQFIは、会社のSQFプログラムとPC規則との差を埋めるのに必要な手順を特定する指針として使用するため、関係者向けに任意の予防措置監査チェックリストガイダンス文書を作成しています。


SQF予防コントロール監査チェックリストガイダンス文書


SQF予防コントロール監査チェックリスト


ただし、こうした文書を使用しても法律や規則の遵守は保証されず、ヒト用食品についてのFSMA予防措置規則のすべての点を満たしていることを確認するサプライヤーの義務が免じられるわけでもないことに注意することが重要です。  このチェックリストは任意でありスコアは付けられませんが、サプライヤーがSQFプログラムとPC規則との差異を特定、理解するのに役立つ有用なツールです。


詳細については、こちらでランチョンセミナー ウェビナーをチェックしてください。


https://www.youtube.com/watch?v=oVhNUNVMNeg







PCチェックリストに加え、SQFIはThe Acheson Group(TAG)と、SQFレベル2認証の要素(特にモジュール2および11)をFDA FSMA最終規則の要件と比較するための契約を行いました。分析では、FSMAの第103項の要件を実行するために業界が遵守しなければならない新たな予防管理要件と、更新された最新の適性製造基準(cGMP)(現在の21 C.F.R. Part 110はPart 117として再指定)という、最終規則の2つの主要な点を検証しました。


食品業界は消費者や顧客、ブランドの保護や、最終の新規則の遵守を目指すなか、TAGの分析から、SQFレベル2の認証を受けていることは、FSMA要件を満たす上で非常に確実で強力な利点となることがうかがえます。


こちらをクリックしてエグゼクティブサマリーを読む
こちらをクリックして分析全体を読む



生産安全規則


SQFは、米国食品安全強化法の変化する規制要件と歩みを共にし、これが食品安全に重点を置いたSQFレベル2基準とのいかに比較されるかにおいて主導的立場を取ってきました。


GFSIと生産安全規則との疑われる類似点を認識することで、GFSIにより評価されたスキームについて認証を受けた農場や加工施設にすでにある要件や慣行、プロセスの比較可能性に関連する質問が当然のごとく生じています。その結果、SQFはThe Acheson Group, LLC (TAG)と、SQFレベル2(特にモジュール7)の要素とFDAの最終生産安全規定を比較する契約を締結しました。さらに、SQFは、生産農家と加工施設は、農場での食品安全リスクを管理するため、以前から適正農業規範ガイダンスを有していると理解しています。よって、分析では、生産業界に関連しているため、FSMAの第105項の要件を実行するため業界が遵守する必要のある生産安全規定の2つの主要な要件を検証しました。分析と詳細を読むには、こちらをクリックしてください。


FSMAに対して、SQFIは、会社のSQFプログラムと生産規定との差を埋めるのに必要な手順を特定する指針として使用するため、関係者向けに任意の生産安全規定監査チェックリストガイダンス文書を作成しています。


SQF生産安全規定監査チェックリストのガイダンス文書


SQF生産安全規定監査チェックリスト